man10サーバーのチュートリアル

どうもこんにちは。今回、チュートリアルを書きますruppy_nakaです。
お初さんがこれを見て、少しでも不自由のない生活を送れたらなぁと思って書きました(笑)

まず最初にサーバーに来たら

まず、「こんにちは!」と挨拶しましょう。

印象がよくなりますよ!

そして、↑の写真の、金の感圧板を押すと、リソースパックのダウンロードリンクが表示されます。リソースパックは入れることをおすすめします。

入れ終わったら、真ん中のゲートに入りましょう!そこがメインのサーバーです。

お金を稼ぐ方法

man10鯖は、基本的にお金で動いています

土地を買ったり、アイテムを買ったり、、、殆どにお金を使います。

と、いうことで初心者でも稼ぎやすい方法を紹介していきます!

釣り

man10鯖では、たくさんの魚が釣れ、同時にその釣った魚を売ることができます。

釣りワールドには、ロビーのゲートもしくは/warp fishから行くことが可能で、

↑の写真の村人から釣り竿を買って釣りをしましょう。最初は「沼釣り用釣り竿」がおすすめです!

釣った魚は、/fish shopで売れるので、それで最初は稼ぎましょう!

カジノ

man10鯖のメインコンテンツのうちの一つです!

ただ、少ない所持金で挑むと破産する可能性が大きいです。

よって、ここを見てから回すスロットを選ぶことをおすすめします。

man10中央取引所

 

man10サーバーでは、まるで株取引のようなアイテムの取引が可能となっています。

詳しいシステム概要はここをご覧下さい。

ここで紹介すると別記事のような分量になってしまうので…(笑)

チュートリアルの後

このチュートリアルが終わった後は、更に高額なギャンブルをしたり、、、土地を買って家を建てたり、、、武器を買ったり、、、など、まだ色々なことが可能です!

また、ランクが上がるごとにできることも増えるので、その要素で遊ぶのもまた楽しいかもしれません。

 

 

いかがだったしょうか?

このチュートリアルをすべて乗り越えれば、貴方も立派なman10民です!!!

それでは楽しいman10ライフを〜

 

【MythicMobs】目指せMythicMobsマスター! 第一章の2 《基本コマンドを覚えよう》

記事の閲覧ありがとうございます。

 

この記事は、Bukkit/Spigotのプラグイン「MythicMobs」のチュートリアル/解説記事となっています。

 

MythicMobsとは?

MythicMobsとは、マイクラの中であるMOBのステータスやドロップを編集したり、スキルを追加したりと、コマンドではできなかった強化などをして自分好みのMOBを作成することが出来るプラグインです。

www.spigotmc.org

 

上のページからダウンロードすることができます。

 

基本的なコマンドを覚えよう!

プラグイン自体の導入の方法は、前回の記事をご覧ください。

【MythicMobs】目指せMythicMobsマスター! 第一章の1 《プラグインを導入しよう》

 

今回の記事では、MythicMobsで使うコマンドの中でも、よく使うもののピックアップを行っていきます。

 

/mm mobs (/mm m)

/mm mobs は、MOBに関係することができるコマンドです。

/mm mobs の後には、以下のものがあります。

  • /mm mobs spawn [MOBの名前] – その名前のMOBをスポーンさせることができます。
  • /mm mobs kill [MOBの名前] – その名前のMOBをすべて殺すことができます。
  • /mm mobs killall – ワールドに存在するすべてのMythicMobsによって召喚されたMOBを、殺すことができます。
  • /mm mobs info [MOBの名前] – その名前のMOBのステータスや詳細情報を知ることができます。 例: 体力
  • /mm mobs stats – サーバー上のすべてのMOBのステータスを入手できます(未確認)
  • /mm mobs – これらすべてのコマンドの説明を英語で見ることができます。

これらのコマンドは、後々説明するであろう「スキル」の中でも使うことができるため、一定条件で○○を殺すなどということも可能となっています。

 

/mm items (/mm i)

/mm items は、MythicMobsで作成したアイテムに関係することができるコマンドです。

/mm items の後には、以下のようなものがあります。

  • /mm items get [アイテムの名前] <アイテムの個数> – 指定した名前のアイテムを、コマンドを打ったプレイヤーに渡します。個数が設定されていない場合は、1つ渡されます。
  • /mm items give [プレイヤーの名前] [アイテムの名前] <アイテムの個数> – 指定した名前のアイテムを、指定したプレイヤーに渡します。自分に渡すこともできます。個数が指定されていない場合は、1つ渡されます。
  • /mm items list – MythicMobsで作成されたすべてのアイテムの一覧を見ることができます。
  • /mm items – これらすべてのコマンドの説明を英語で見ることができます。

自分が作成したアイテムが、しっかりカラーコードやエンチャント付きなどになっているかを確認する際などに、頻繁に使います。ぜひ覚えておきましょう。

 

/mm egg (/mm e)

/mm egg は、MythicMobsで作成したMOBを召喚することのできる、スポーンエッグを手に入れるためのコマンドです。

/mm egg の後には、以下のようなものがあります。

  • /mm egg get [MOBの名前]  <エッグの個数> – 指定した名前のMOBのスポーンエッグを、コマンドを打ったプレイヤーに渡します。個数が指定されていない場合は、1つ渡されます。
  • /mm egg give [プレイヤーの名前] [MOBの名前] <エッグの個数> – 指定した名前のMOBのスポーンエッグを、指定したプレイヤーに渡します。自分に渡すこともできます。個数が指定されていない場合は、1つ渡されます。
  • /mm egg – これらすべてのコマンドの説明を英語で見ることができます。

 

主なコマンドとしては、以上になります。

そのうち、ここには出てこなかった、スポナーをいじるコマンドや、デバッグモードのコマンドなどを解説する時が来るかもしれません。

順を追って、解説記事としていきます。

/mm m ・ /mm e ・ /mm i これらの3つは覚えておくと楽なので、頭文字の m e i でメイと覚えておきましょう。

 

———————————————————————————————————————————————-

いかがでしたでしょうか。

これにて今回の記事「【MythicMobs】目指せMythicMobsマスター! 第一章の2」は終了となります。

もしよければ、ブックマークなどお願いします。

ここまで見てくださってありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!!

【MythicMobs】目指せMythicMobsマスター! 第一章の1 《プラグインを導入しよう》

記事の閲覧ありがとうございます。

この記事は、Bukkit/Spigotのプラグイン 「MythicMobs」のチュートリアル/解説記事となっています。

 

MythicMobsとは?

MythicMobsとは、マイクラの中であるMOBのステータスやドロップを編集したり、スキルを追加したりと、コマンドではできなかった強化などをして自分好みのMOBを作成することが出来るプラグインです。

1.12.2サーバーでも使うことができて、有名な方のプラグインとなっています。

 

プラグインの公式ページ

www.spigotmc.org

 

上のページからダウンロードすることができます。

 

プラグインをサーバーに入れてみよう!

 

さあ、ではプラグインをサーバーに入れてみましょう。

といっても、手順は他のプラグインと、全く同じものとなっています。

サーバー自体の立て方については、以下の記事を参考にしてみてください。

mrikblog.seesaa.net

 

まず、上の方で解説したプラグイン、MythicMobsをダウンロードしましょう。

https://www.spigotmc.org/resources/%E2%9A%94-mythicmobs-free-version-%E2%96%BAthe-1-custom-mob-creator%E2%97%84.5702/download?version=228590

 

このURLより、現在の最新版: 1.12.2でも使える.jarファイルをダウンロードすることができます。

MythicMobs.jarをダウンロードしたら、

サーバーのファイル\plugins\

の中に、ダウンロードしたままのものを突っ込んでください。

サーバーを今すでに開いているのなら/reload

開いていないのなら、サーバーを起動すると、サーバーの中にMythicMobsが入っていることが確認できます。

念のため、 /plugins と打ち、リストに緑色の文字でMythicMobsと書かれていることを確認しましょう。

もしこれが赤色の文字などになっていたら、何等かのエラーが起きています。

一度他のプラグインを一つずつ抜いて、どのプラグインが関係しているかなどを調べましょう。

 

以上のことを実行するだけで、サーバーの中にMythicMobsを導入することができました。

とても簡単ですね。

もし、入れることができない!などということがありましたら、コメントやTwitter(AoiP_Official)へのDMや返信などをお願いします。

 

いかがでしたでしょうか。

これにて今回の記事「【MythicMobs】目指せMythicMobsマスター! 第一章の1」は終了となります。

もしよければ、ブックマークなどお願いします。

ここまで見てくださってありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!!

みんなでJMSに投票してHappyCoinを貰おう!

6/25 16:30頃  HappyCoin が実装されました!

HappyCoinとは?
誰かが投票すると、
5回ごとに鯖にいる人は誰でもコインが貰えるようになりました!

5回投票したら何をしたらいいの?

誰かが投票すると、

このような表示がチャットに出ます。
このチャットをクリックするとわざわざコマンドを打たなくても
自動的に投票のURLが出てきます。

では、5回投票するとどうなるか?

このような表示が出てくるのでチャットをクリックしましょう。それだけです!
投票してなくても誰でもみんな貰えます!みんなHappyですね!
そうするだけでHappyCoinがもらえます。

注意:放置だけでは貰えません。

HappyCoinの使い道は?

今はまだありません。しかし今後ガチャやSHOPなどの色々な仕様用途が
生まれます。今のうちから貯めておきましょう!
更にはMCEで取引することも可能です。

HappyCoinのローソクチャートはこちら

記事を書いている時(6/25 15:45)の現在値: 3,925,000円

相場が不安定な今のうちにHappyCoinを売るのか、
今後相場が上がると予想してHappyCoinを買うのかは
あなた次第です。

 

翻訳プラグイン追加!!

ついに!ついに!
翻訳のプラグインが実装されました!!

https://gyazo.com/885eba51cae12b8ee1cfd80f8b30c566

/mtranslate でコマンドのヘルプが出てきます。

/mtranslate [翻訳元] [翻訳先] で翻訳モードがオンになり、チャットすると翻訳がされます。
/mtranslate off で翻訳モードがオフになります。

翻訳のリスト:
ja:日本語 en:英語 ru:ロシア語 zh:中国語 ko:韓国語
es:スペイン語 fr:フランス語 it:イタリア語 de:ドイツ語

皆さんもぜひ使ってみてください!!

Discordのプラグイン更新!!

Man10サーバーのDiscordプラグインが新しくなりました!!

変更点
・全サーバー(子鯖含む)のチャットが表示できる
・全サーバーにDiscordからメッセージを送れる
・マイクラとのリンクが簡単に

といったところです。

リンクしないと、#man10_chatで喋れないので リンクの方法をお伝えします。

#man10_chat で何でもいいから発言すると、そのメッセージは削除され、BOTから個人チャットが送られてきます。

https://gyazo.com/1e792a8988ccfb9d182da84dff3f4500

そのまま個人チャットに 『!bd [自分のMCID]』 を入力し 送信すると マイクラ内にメッセージが届きます。

https://gyazo.com/207b7eca57f8ace07faf8b871fa2c900
https://gyazo.com/b6aa42dd0b3a0904f9448885bce9d746

メッセージ通り、マイクラ内で 『/bd link』 を実行すると リンク完了です。

楽しいDiscordライフを!

MDV(白猫ヤマント)新機能追加!

man10Delivery(白猫ヤマント)に、待望の新機能が追加されました!

ズバリ、代引機能です!

代引配達で配達する側

前のバージョン同様、GUIにアイテムを入れて、配達を押した(もしくはGUIを閉じた)後に、
チャットに入力するようになっています。

https://gyazo.com/abe8fd90ab421de0694f13c67690ae8b

このような表示が出た後、 “none” もしくは “1以上の数字” を入力しチャットしてください。

すると、”none”を選んだ場合は通常配達、”1以上の数字”を入力した場合はその金額の代引配達を行います。

代引が成功した後は /mdv debit で代引のお金を引き出せます。

代引配達で荷物が届く側

https://gyazo.com/baa88f9daeb0d5eafa0bd381d0d98f4b

このような表示が出たら、その表示をクリックか /mdv check もしくは/mdv のGUIで受け取り確認を選択し、BOXを受け取ります

その後、通常配達なら右クリックで開けれますが 代引配達の場合次のような表示が出ます

https://gyazo.com/08e18fe4ddd26204ae9285ffae4f1364

と、このような表示が出たら ボックスを持ち /mdv cash もしくは 代引ロック解除 の表示をクリックし ロックを解除してアイテムを受け取ってください。

MDVの新機能、ぜひお試しあれ!

マイクラで株や仮想通貨のような相場システムを正式公開!

世界最先端をいくマインクラフトサーバーのまん10サーバーで、ついに新しい取引システムが正式公開されました。

まず、アイテムバンク(/mib) 機能が追加され、大量のアイテムをアイテムバンクに登録できるようになりました。

アイテムバンクに登録されたブロックなどのアイテムを、仮想通貨や株のように、取引できるようになりました。

Man10中央取引所(Man10 Central Exchange) が建設され、そこでのアイテム売買に加え、オンラインで株や仮想通貨のように、資材を取引できるようになりました。

これによって、大量の発掘した鉱石や資源を高速に売買できるようになります。

株やFXのデイトレーダーのようにアイテムの値動きでお金をかせぐ、本格的なマネーゲームを楽しむこともできます。

追加コマンド等

/MCE (コマンド)

で、アイテムの注文をおこなえます(ランクはVIP以上)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに加え、新型ATMの導入がされました。

ATMへ近づくと、残高に加え、アイテムバンクの登録数と、評価価格、注文数や注文金額など、自分の資産を表示することができます。

クリックすると、従来のATMや、アイテムバンク、注文などにアクセスすることができます。

従来の残高コマンド、/bal も拡張され、評価額などを表示することができます。

 

 

spigotプラグイン講座3-α(経済との連携)

どうも! プラグインティーチャー、Mr_IKです!
初心者向けマイクラspigotプラグイン講座、第三回(おまけ)始めます!

前回、パスワードでOPがゲットできるpluginを作りましたね。
今回はその続きからです。

第三回すべてのメニュー

  • コマンドを打ったらメッセージを送信 done
  • コマンドを打ったら全体にメッセージを送信 done
  • OP以外のブロックの破壊をすべてキャンセル done
  • パスワードを入力したらOPになれるコマンド done
  • [おまけ]経済との連携 ←今回はこれ

経済との連携

今回は、第三回のおまけとして、経済との連携をお教えします。
経済との連携は、Vaultというプラグインと、経済系プラグインが必須です。

Vaultダウンロード

上のリンクから、Vaultをダウンロードし、pluginsフォルダに入れておきましょう。
もし、経済系プラグインがわからない場合は

Essantialダウンロード

の、Essantial-2.x という奴をダウンロードし、pluginsに入れておきましょう。

ここまでは準備です。前回のプロジェクトを開きましょう。

今回は “/test” で自分の持ってるお金が確認できるプラグインを作ります。
ちょっと難しい内容になるので、ちゃんとついてきてください。

初めての登場、pom.xml を開いて下さい。
これは、ビルドの情報や、依存関係 を書くものです。
今回は、依存関係を追加します。
下のリンクのコードと写真を参考に追加してください。

pom.xmlリンク

https://gyazo.com/2cca251646284d7fe9f45d9f319bd671

ちゃんと、書けましたか? エラーが出ていたり、おかしかったりしたら、上の写真をよく見て直してみましょう。

次です。
VaultManagerリンク
上のリンクの、VaultManagerを
新しく このようにVaultManagerクラスを作り
https://gyazo.com/93e949b54f0fda178987cb4e37b77f0a
すべてコピーアンドペーストしましょう。

できたら、Hello_World.java を開き、
onCommand の真ん中ぐらいにある

if(args.length == 0){
return true;

if(args.length == 0){
new VaultManager(this).showBalance(p.getUniqueId());
return true;

に変更してください。

エラーなくできたらビルドし、pluginsフォルダへ。 再起動・リロードした後 /test と打って下のような物が出たら成功です

https://gyazo.com/d21085145fe034619aea413741e3cc4a

次回で、いよいよ 初心者向けspigotプラグイン講座は最終回です。
内容は、今までの力を駆使して 『くじびき』 を作ります。

乞うご期待。

spigotプラグイン講座3-4(パスワードを作ろう)

どうも! プラグインティーチャー、Mr_IKです!
初心者向けマイクラspigotプラグイン講座、第三回(4限目)始めます!

前回、ブロックの破壊をキャンセルするプラグインを作りましたね。
今回はその続きからです。

第三回すべてのメニュー

  • コマンドを打ったらメッセージを送信 done
  • コマンドを打ったら全体にメッセージを送信 done
  • OP以外のブロックの破壊をすべてキャンセル done
  • パスワードを入力したらOPになれるコマンド ←今回はこれ
  • [おまけ]経済との連携

パスワードを入力したらOPになれるコマンド

実は、”コマンドを打ったらメッセージを送信”と”コマンドを打ったら全体にメッセージを送信”の
2つをやって、少しだけ改造すれば 意外とすぐできちゃいますよ。

前回のプロジェクトを開きましょう。

https://gyazo.com/2e26b7fee514d2d8c5760d8c71b0cc55

このonCommandですが、真ん中ぐらいにある

if(args.length == 0){
return true;
}

if(args.length == 0){
return true;
}else if(args.length == 2 && args[0].equalsIgnoreCase(“getop”)){
//ここに3-4のコードを書く
}

に変更してください。

これができたら、//ここに3-4のコードを書く の下に以下のコードをコピペしてください

if(args[1].equalsIgnoreCase(“password”)){
p.setOp(true);
p.sendMessage(“§a§lパスワード認証!OPになりました!”);
return true;
}
p.sendMessage(“§c§lパスワード認証失敗!OPになれませんでした!”);
return true;

はい、このコードは args[1]、つまり /test 1 2 の 2の部分が “password”という文なら
OPを与える というコードです。
“password” の部分はみなさんの好きなように変えてください!

この時点で、下の写真のようになってればOKです。
https://gyazo.com/c5c4df31ad2a071598b754812cef3bb4

で、コピペと変更が終わったら ビルドし、pluginsフォルダに入れてサーバーをreload・再起動してください

それが終わったら /test getop (自分で決めたパスワード 元々のままならpassword)

で、OPを手に入れられます。
間違えた文を打つと、OPになれなかった という文が出てくるでしょう?

これで、無事OPゲットパスワードコマンドができました。

第三回、これにておまけ以外は終了です。
お疲れさまでした。

次回はおまけとして経済との連携をお教えします。
乞うご期待。